特別展・顔真卿から

感情の高まり、推敲の跡に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
祭姪文稿(部分)顔真卿筆=唐時代・乾元(758)年、台北・國立故宮博物院蔵
祭姪文稿(部分)顔真卿筆=唐時代・乾元(758)年、台北・國立故宮博物院蔵

 <特別展・顔真卿(がんしんけい)から>

顔真卿筆 祭姪文稿 758年 台北・國立故宮博物院蔵

 755年に勃発した安史の乱で、顔真卿は敢然と義兵をあげて、唐王朝の危機を救った。しかし、従兄の顔杲卿(がんこうけい)とその末子の顔季明(きめい)が非業の死をとげた。祭姪文稿(さいてつぶんこう)は、3年後に数え年5…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

あわせて読みたい

注目の特集