メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
毎月勤労統計

統計不正、誰がなぜ 特別監察委、初会合 厚労省

「毎月勤労統計」不正調査の疑問点や課題の多くは解消されていない

 誰の判断で、なぜルール違反が始まったのか--。厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正調査問題を調べる同省「特別監察委員会」の初会合が17日開かれ、動機の解明や関与した職員の特定に向け、動き出した。政府統計を所管する総務省の統計委員会も同日、臨時の会合が開催され、厚労省側に不正調査に至った経緯などについて説明を求めたが、同省担当者は「調査中」と繰り返した。

 特別監察委は、弁護士や公認会計士ら6人で構成し、委員長には元統計委員会委員長で労働政策研究・研修機構理事長の樋口美雄氏が就いた。初会合の冒頭で根本匠厚労相は「調査の中立性や客観性を明確にするために(特別監察委を)設置した」と述べ、委員に徹底調査を求めた。特別監察委は厚労省に常設されている監察チームと実態解明を進める。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです