メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

統計不正、誰がなぜ 特別監察委、初会合 厚労省

「毎月勤労統計」不正調査の疑問点や課題の多くは解消されていない

 誰の判断で、なぜルール違反が始まったのか--。厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正調査問題を調べる同省「特別監察委員会」の初会合が17日開かれ、動機の解明や関与した職員の特定に向け、動き出した。政府統計を所管する総務省の統計委員会も同日、臨時の会合が開催され、厚労省側に不正調査に至った経緯などについて説明を求めたが、同省担当者は「調査中」と繰り返した。

 特別監察委は、弁護士や公認会計士ら6人で構成し、委員長には元統計委員会委員長で労働政策研究・研修機構理事長の樋口美雄氏が就いた。初会合の冒頭で根本匠厚労相は「調査の中立性や客観性を明確にするために(特別監察委を)設置した」と述べ、委員に徹底調査を求めた。特別監察委は厚労省に常設されている監察チームと実態解明を進める。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです