メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・災害列島

/5止 温暖化、雨量7%増 北日本も豪雨恐れ

 茨城県つくば市の気象研究所にあるスーパーコンピューターの画面に、二つの地球が浮かび上がった。一つは現在の気候を再現した地球、もう一つは地球温暖化がない仮想の地球だ。同研究所の川瀬宏明・主任研究官らはそれぞれの地球で西日本豪雨を起こし、温暖化の影響を検証した。

 すると、昨年6月28日~7月8日の東海から九州までの降水量は、1980年以降の気温上昇がなかった場合と比べ、総量で約7%増えていた。西日本豪雨では陸域で約824億立方メートルの雨が降ったとの試算(河田恵昭・関西大特別任命教授)があり、7%は琵琶湖の貯水量の2割の約58億立方メートルに相当する。

 温暖化がなくても、西日本豪雨は広範囲に甚大な被害をもたらしたと考えられる。しかし、この7%分がなけ…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1313文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです