メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・災害列島

/5止 温暖化、雨量7%増 北日本も豪雨恐れ

[PR]

 茨城県つくば市の気象研究所にあるスーパーコンピューターの画面に、二つの地球が浮かび上がった。一つは現在の気候を再現した地球、もう一つは地球温暖化がない仮想の地球だ。同研究所の川瀬宏明・主任研究官らはそれぞれの地球で西日本豪雨を起こし、温暖化の影響を検証した。

 すると、昨年6月28日~7月8日の東海から九州までの降水量は、1980年以降の気温上昇がなかった場合と比べ、総量で約7%増えていた。西日本豪雨では陸域で約824億立方メートルの雨が降ったとの試算(河田恵昭・関西大特別任命教授)があり、7%は琵琶湖の貯水量の2割の約58億立方メートルに相当する。

 温暖化がなくても、西日本豪雨は広範囲に甚大な被害をもたらしたと考えられる。しかし、この7%分がなければ、各地で72時間降水量などの観測記録は更新されなかったと研究チームは見る。

 治水に詳しい京都大防災研究所の中北英一教授(水文気象災害学)も「西日本豪雨は、長期間の降雨でダムや河川、ため池などがぎりぎりで保たれる満身創痍(そうい)の状態になり、さらに降り続いて被害が拡大した」と指摘する。

 2018年は平成最悪の水害となった西日本豪雨や、25年ぶりに非常に強い勢力のまま上陸した台風21号が続いた。気温が上昇すれば大気中の水蒸気量が増え、雨量の増加や台風の勢力増強に結びつく。さらに、気象庁が「災害と認識している」と表現した猛暑も日本列島を襲った。

 東京大大気海洋研究所の渡部雅浩教授(気候力学)らもスパコン上で二つの地球を比較し、昨年の猛暑について温暖化の影響を分析した。その結果、昨年と同等以上の猛暑が発生する確率は、温暖化した地球では約20%で、温暖化なしではほぼ0%だった。

 渡部教授は「温暖化の影響が表れていることが、科学的に証明され始めた。同様の研究手法で将来気候の予測情報を出し、暑さに脆弱(ぜいじゃく)な地域や豪雨のリスクが高まる地域に対策を促すことも検討していきたい」と話す。

 一方、京大防災研の中北研究室は、スパコンのシミュレーションで、17年7月の九州北部豪雨のような梅雨時期の集中豪雨(1時間に50ミリ以上の雨が2時間以上継続)が将来的に増えるか検証した。

 結果によると、このまま温暖化が進み、気温が産業革命前より約4度上昇した場合、20年間に豪雨が発生する頻度は、北海道6回(00年までの20年では0回)▽東北8回(同1回)▽関東甲信12回(同6回)▽近畿8回(同5回)▽中国18回(同8回)▽九州61回(同50回)--となった。雨量は、温暖化に伴い1割程度増える結果が出た。北海道など北日本で未経験の豪雨に見舞われる可能性が示され、研究チームは「大きな被害をもたらす梅雨時期の豪雨が全国で珍しくなくなる」と指摘する。

 災害列島で暮らす私たちは、災害を知って正しく恐れ、日ごろから備えなければならない。中北教授は「温暖化は止まっておらず、影響は今後さらに強まる。現在のインフラでは命を守れないケースが出てくるはずだ。ハード面の対策を進めつつ、避難計画や防災教育などのソフト面の対策を組み合わせていく必要がある」と訴えている。【渡辺諒】=おわり

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです