メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2019

新作ソフト、今年も 任天堂・古川俊太郎社長

 --大ヒットしたゲーム機「ニンテンドースイッチ」の発売から3月で2年を迎えます。

 ◆新鮮さを失わないため、魅力的なソフトを出し続けていくことが重要だ。昨年12月に発売した「大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル」は、初週に全世界で500万本を売り上げた。人気キャラクターが勢ぞろいしており、据え置き型ゲーム機のソフトとして過去最高の滑り出しになった。お客様が遊びたいソフトがあれば、ハードも買ってもらえる。今年もポケットモンスターの新作など続々出していく。

 --スイッチのオンラインサービスを昨年9月に有料化した狙いは何ですか。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです