メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

笑う門には免疫力UP 大阪国際がんセンター、患者対象に研究 気分や痛みも改善、院内寄席で実証

2018年12月に開かれた「わろてまえ劇場2018」=大阪市中央区の大阪国際がんセンターで、御園生枝里撮影

 「笑い」が、がん患者の免疫に与える影響を調べるユニークな研究が大阪国際がんセンター(大阪市)で行われている。研究では、患者に落語や漫才を楽しんでもらい、体調を調べる。患者の血液を検査すると、免疫力を高める物質を分泌する能力が向上していたことが判明。笑って気持ちが明るくなることで免疫によい効果があるという。どんな研究なのか、現場を訪ねた。【御園生枝里】

 「うちの父親は面白い父親でしたなぁ」。落語家の桂文珍さんが「粗忽(そこつ)長屋」のまくらで、総入れ…

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文1935文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです