メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

笑う門には免疫力UP 大阪国際がんセンター、患者対象に研究 気分や痛みも改善、院内寄席で実証

2018年12月に開かれた「わろてまえ劇場2018」=大阪市中央区の大阪国際がんセンターで、御園生枝里撮影

 「笑い」が、がん患者の免疫に与える影響を調べるユニークな研究が大阪国際がんセンター(大阪市)で行われている。研究では、患者に落語や漫才を楽しんでもらい、体調を調べる。患者の血液を検査すると、免疫力を高める物質を分泌する能力が向上していたことが判明。笑って気持ちが明るくなることで免疫によい効果があるという。どんな研究なのか、現場を訪ねた。【御園生枝里】

 「うちの父親は面白い父親でしたなぁ」。落語家の桂文珍さんが「粗忽(そこつ)長屋」のまくらで、総入れ…

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文1935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです