メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

19年度予算案で閣議決定やり直し 勤労統計不正で追加計上

閣議に臨む安倍晋三首相(左から2人目)。右から河野太郎外相、麻生太郎副総理兼財務相。左端は茂木敏充経済再生担当相=首相官邸で2019年1月18日午前9時27分、川田雅浩撮影

 政府は18日、厚生労働省の毎月勤労統計の不正調査問題を受け、一般会計総額を変更した2019年度予算案を閣議決定した。雇用保険の追加給付などにかかる費用のうち、国庫負担分として6億5000万円を追加計上し、一般会計総額は101兆4571億円に増えた。追加計上分は国の借金である新規国債の発行で賄い、新規国債発行額は32兆6605億円に増える。

 予算案は昨年12月に閣議決定済みで、政府の不正が原因で閣議決定をやり直すのは極めて異例。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文645文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです