メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年度の公的年金、0.1%増に抑制 「マクロ経済スライド」4年ぶり適用

 厚生労働省は18日、2019年度の公的年金の支給額を前年度比0.1%引き上げると発表した。物価や賃金の変動に合わせた本来の引き上げ幅は0.6%だったが、年金額を抑制する「マクロ経済スライド」を15年度以来4年ぶりに適用。0.1%の増額にとどまった。

 19年度の年金額は、自営業者らの国民年金(満額)で月6万5008円(前年度比67円増)、会社員らの厚生年金は、夫婦2人の標準的な世帯で22万1504円(同227円増)となる。増額は15年度以来4年ぶり。

 年金額は毎年度、物価と賃金の変動率に応じて改定する。総務省が18日発表した18年の消費者物価指数(…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文578文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです