メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄海2号機廃炉、佐賀に「早期判断」 九電社長

廃炉になる見通しとなった玄海原発2号機=佐賀県玄海町で2019年1月17日、本社ヘリから徳野仁子撮影

 九州電力の池辺和弘社長は17日、佐賀県の山口祥義(よしのり)知事と面会し、廃炉方針を固めた玄海原発2号機(佐賀県玄海町、停止中)について「今年の早い段階で(存廃を)判断したい」と伝えた。今後、取締役会で正式決定する見通し。

 2号機は1981年3月に運転を開始し、東日本大震災直前に定期検査に入ったまま運転を停止している。

 東京電力福島第1原発事故を受け、多額の安全対策費が必要となる中、2号機は発電出力が55万9000キ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです