メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

三菱自、ゴーン前会長に賠償請求を検討 「不正報酬10億円」公表

社内調査の結果を記者団に説明する三菱自動車の益子修会長兼CEO=東京都港区で2019年1月18日、柳沢亮撮影

 三菱自動車は18日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の不正行為に関する内部調査結果を公表した。ゴーン前会長がオランダにある三菱自と日産自動車の統括会社「日産・三菱BV」から昨年、約782万ユーロ(約10億円)の不正報酬を得ていたことが判明した。調査結果公表後、三菱自の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)は記者団の取材に「日産と協議し、(ゴーン前会長に対する)損害賠償請求を検討する」と述べた。

 三菱自が日産・仏ルノーグループ入りしたことを受けて、三菱自と日産は2017年6月、協業によるシナジ…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文712文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです