メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ統括会社の不正解明 日産とルノーの協力がカギ

統括会社で判明した非開示報酬の流れ

 三菱自動車が18日に公表した前会長、カルロス・ゴーン被告を巡る調査で、提携先の日産自動車と設立したオランダの統括会社が不正の舞台だったことが明らかになった。仏ルノーを含む3社連合の統括会社でも不透明な資金工作が判明しており、実態解明には、ルノーとの調査協力が不可欠となる。

 「我々も日産も純粋にシナジー(相乗効果)の追求をやっていた。率直に言って悲しい」。18日に東京都港区の三菱自動車本社ショールームで、調査結果について記者団の取材に応じた三菱自の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)は語った。

 調査では、2017年に日産と三菱自が協業によるシナジー創出を目的にオランダに設立した統括会社「日産…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです