メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

任正非ファーウェイCEO、情報流出疑惑を否定 孟CFO拘束「大変な驚き」 

インタビューに応じるファーウェイの創業者でCEOの任正非氏=中国・深センの同社本社で2019年1月18日、赤間清広撮影

 【深セン・赤間清広】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者で最高経営責任者(CEO)の任正非氏が18日、毎日新聞などの取材に応じた。任氏は「ファーウェイの歴史で(不適切な行為は)何も出ていないし、今後もない」と述べ、同社製通信機器を通じた情報流出疑惑など海外からの指摘を強く否定した。

 一代でファーウェイを世界的企業に成長させた任氏だが、メディアに登場する機会は極めて少ない。日本メディアのインタビューに応じるのは今回が初めてだ。トランプ米政権の対中強硬方針を背景に、同社への逆風が強まる中、トップ自らが反論することで難局を打開したい狙いがあるとみられる。

 ファーウェイをめぐっては、トランプ米政権が「通信機器を通じ情報が中国政府に流出する恐れがある」など…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです