メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国活動家、台湾の空港に100日超滞在

桃園国際空港内に100日以上滞在している顔克芬氏(左)と劉興連氏(顔氏のツイッターより)

 【台北・福岡静哉】中国の民主化活動家ら2人が昨年9月下旬以降、台湾の桃園国際空港(北部・桃園市)の乗り継ぎスペースに100日以上にわたって滞在している。台湾当局が入境を認めない一方で強制退去もさせず、事実上、2人を保護しているため。2人は第三国への亡命を求めているが実現の見通しはたっておらず「空港暮らし」はさらに長期化する可能性がある。

 台湾当局などによると、顔克芬氏(44)と劉興連氏(64)は中国当局による身柄拘束を恐れてタイへ出国…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです