メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飲食店内の喫煙に罰則 マレーシア、進む喫煙規制

 【ジャカルタ武内彩】マレーシアで1月、受動喫煙対策を強化するため飲食店内での喫煙を罰則付きで全面的に禁止する法律が施行された。成人男性の4割以上が喫煙者というデータもあるマレーシアでは、厳しい規制に一部の喫煙者や飲食店経営者から反発の声が上がるが、政府は「国民の健康を守るため」と押し切った。

     レストランや喫茶店のほか、屋外にある屋台も含め全ての飲食店が喫煙禁止となるという厳しい内容で、違反者には罰金1万リンギット(約26万円)以下もしくは2年以下の禁錮刑が科される。飲食店側にも最高で2500リンギット(約6万5000円)の罰金が発生。店内に「禁煙」を知らせるポスターを張ることも定められた。

     喫煙は店から3メートル以上離れた場所では可能だが、地元紙はクアラルンプール近郊のスランゴール州で施行第1週目に計1800件の警告事案があったと報じた。保健当局の監視員が見回っているが、マレーシア保健省は6月末までを猶予期間としており、直ちに処罰措置が執られるわけではないという。ズルキフリ保健相は「政策が浸透するには時間がかかるので、まずは意識改善に力を入れたい」と説明している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
    2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
    3. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
    4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
    5. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです