東京都が災害即応対処部隊創設へ 来年3月発足目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
即応情報隊が導入するエアボート=東京都提供
即応情報隊が導入するエアボート=東京都提供

 東京都は、全国で相次ぐ大規模な自然災害を踏まえ、東京消防庁に「即応対処部隊」(仮称)を創設する方針を決めた。エアボートや全地形活動車などを駆使し、これまで活動が難しかった現場でも、迅速に情報収集や救助活動ができるようにする。来年3月の発足を目指し、2019年度予算案に経費として6億円を計上する。

 都によると、部隊は指揮官らのもとに「即応情報隊」(12人)と「即応救助隊」(24人)を組織する。災害状況の迅速な把握を専門にした部隊を置くのは全国の消防機関…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集