メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こいのぼり洗い始まる 厳しい寒さの中で 愛知・岩倉

ノリ落とし作業に取り組む松浦さん親子=岩倉市の五条川で2019年1月17日、河部修志撮影

 愛知県岩倉市の五条川で17日、こいのぼりのノリ落とし作業が始まった。

 同市中本町の中島屋幟(のぼり)店が20日の「大寒」前後に実施している冬の風物詩。13代目の松浦勉さん(83)によると、同店は天正年間(1573~92年)からこいのぼり作りを始め、絵付けの時に色がにじまないようノリを塗り、毎年この…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです