長崎新聞社長がセクハラ発言か 女性社員に「愛人やろうもん」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長崎新聞社(長崎市)の徳永英彦社長(59)が社長就任内定後の昨年11月、長崎市であった社内の懇親会で部下の女性社員に性的な発言をしていたことが18日、同社への取材で分かった。

 同社によると、徳永氏は昨年12月、常務取締役兼営業局長から社長に就任。昨年11月30日にあった営業局の送別会で、酒をつぎに来た女性社員と女…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

あわせて読みたい

注目の特集