再生砕石にアスベスト 公園予定地で再利用、撤去へ さいたま市

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
敷き詰められていた再生砕石の中からアスベストが見つかった公園予定地=さいたま市提供
敷き詰められていた再生砕石の中からアスベストが見つかった公園予定地=さいたま市提供

 さいたま市の公園予定地で昨年10月、建物の解体で出たコンクリートなどを破砕して整地に再利用した「再生砕石」からアスベスト(石綿)が見つかった。石綿は中皮腫や肺がんなどを引き起こすため、国内では使用が全面禁止されている。国は建物解体の際に分別を徹底するよう求めているが、業界関係者は「解体現場では徹底されていないのが現状だ」と警鐘を鳴らす。

 高度経済成長期に建設された建物の建て替え需要などが増す中、国や自治体は再生砕石の利用を促進しているが、建材のリサイクルを通じて石綿被害が拡散する恐れがある。

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1055文字)

あわせて読みたい

ニュース特集