メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統計法違反とは 罰則規定はあるが摘発は1970年以降2例だけ

 厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正調査問題は、政府の基幹統計を所管する総務省や菅義偉官房長官が「統計法違反」の可能性を指摘する事態になっている。基幹統計は国の政策立案に影響を与えるため、統計法は罰則規定を設けているが、過去に摘発された例はほとんどない。識者は刑事事件として立件する難しさを指摘している。

 統計法は、基幹統計の調査対象などを決める際には総務相の承認が必要と定めており、調査手法を変更する場…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1095文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです