メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パイロット飲酒、予防法は? 睡眠リズムの管理徹底を

パイロット飲酒問題について意見を語る独協医科大埼玉医療センターの井原裕教授=埼玉県越谷市で2019年1月16日、和田浩幸撮影

 航空各社で飲酒の不祥事が相次ぐ背景に、航空需要の増大に伴う過重労働が潜んでいるとの指摘がある。時差ぼけにさらされる国際線だけでなく、深夜や早朝の勤務が増えた国内線のパイロットも睡眠の管理が難しくなっているという。万全の状態でコックピットに座るにはどうすればいいのか。メンタルヘルスの専門家で産業医も務める独協医科大埼玉医療センターの井原裕教授に聞いた。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2055文字(全文2251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです