メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全豪で「ダンロップ」のボール初採用 日本企業のテニスビジネス拡大

日本企業が4大大会で初めて公式球を供給しているテニスの全豪オープン。大坂は3回戦進出を決めた=AP

 錦織圭(29)や大坂なおみ(21)=ともに日清食品=ら日本選手が国際舞台で活躍しているテニスを通じ、世界的な知名度アップを狙う日本企業が増えている。オーストラリア・メルボルンで開催中の全豪オープンでは、日本の企業が4大大会で初めて公式球を供給している。アジア圏からの観客増員を目指す大会主催者側の思惑もあり、日本企業のテニスビジネスは拡大している。

 全豪で採用されたのは、住友ゴム工業(本社・神戸市)のテニスブランド「ダンロップ」のボール。会場内の…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1132文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです