メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャラポワ、意地のぶつかり合い制し、前回女王ウォズニアッキを撃破 全豪テニス

4回戦進出を決めたマリア・シャラポワ=2019年1月18日、AP

女子シングルス3回戦(18日、メルボルン)

 ○マリア・シャラポワ(2-1)キャロライン・ウォズニアッキ●

 こん身のフォアが決まると、シャラポワは声を張り上げた。3―3で迎えた第3セットの第7ゲーム、ウォズニアッキのサービスゲームをブレークすると、その後は一ゲームも落とさずに前回女王を破った。

 2人には因縁がある。シャラポワは2016年に禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示して国際テニス連盟(ITF)から2年間の処分を受けた。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えて1…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです