シャラポワ、意地のぶつかり合い制し、前回女王ウォズニアッキを撃破 全豪テニス

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4回戦進出を決めたマリア・シャラポワ=2019年1月18日、AP
4回戦進出を決めたマリア・シャラポワ=2019年1月18日、AP

女子シングルス3回戦(18日、メルボルン)

 ○マリア・シャラポワ(2-1)キャロライン・ウォズニアッキ●

 こん身のフォアが決まると、シャラポワは声を張り上げた。3―3で迎えた第3セットの第7ゲーム、ウォズニアッキのサービスゲームをブレークすると、その後は一ゲームも落とさずに前回女王を破った。

 2人には因縁がある。シャラポワは2016年に禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示して国際テニス連盟(ITF)から2年間の処分を受けた。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えて1…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

あわせて読みたい

注目の特集