メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャラポワ、意地のぶつかり合い制し、前回女王ウォズニアッキを撃破 全豪テニス

4回戦進出を決めたマリア・シャラポワ=2019年1月18日、AP

女子シングルス3回戦(18日、メルボルン)

 ○マリア・シャラポワ(2-1)キャロライン・ウォズニアッキ●

 こん身のフォアが決まると、シャラポワは声を張り上げた。3―3で迎えた第3セットの第7ゲーム、ウォズニアッキのサービスゲームをブレークすると、その後は一ゲームも落とさずに前回女王を破った。

 2人には因縁がある。シャラポワは2016年に禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示して国際テニス連盟(ITF)から2年間の処分を受けた。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えて1…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです