メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10点先取 タイブレーク 錦織に有利? 全豪テニス

3回戦進出を決めた錦織圭=メルボルンで2019年1月17日、AP

 テニスの全豪オープンでは今大会から最終セットで6―6になった場合、10点先取のタイブレークが導入された。17日の男子シングルス2回戦で錦織圭(日清食品)はフルセットの末にタイブレーク(10―7)で勝利。新制度は選手の消耗を防ぐほか、戦略などにも影響を与えそうだ。

 4大大会では昨季まで、全米オープンを除き、最終セットはタイブレークを採用せず、2ゲーム差がつくまで行っていた。しかし、夏に行われるウィンブルドン選手権では、暑さのために消耗するケースもあった。史上最長となった2010年の11時間超えの試合では最終セットが70―68の激戦に。昨夏も6時間半を超えた試合があった…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです