メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
NYビート

メキシコの麻薬王・エルチャポ裁判傍聴記(1)拷問部屋、殺しのセレナーデ

 ニューヨーク市ブルックリン地区にある連邦地裁で、メキシコの麻薬王、ホアキン・グスマン(通称「エルチャポ」)を被告とする裁判が行われている。

 エルチャポは、世界最大級の麻薬密輸犯罪組織「シナロア・カルテル」の首領で、米当局者に「アル・カポネ(禁酒法時代の暗黒街の帝王)よりずっと危険」と呼ばれた男だ。2016年1月にメキシコで逮捕され、17年1月にメキシコから米国に移送された。麻薬密輸やマネーロンダリング(資金洗浄)など17の罪で起訴されたが、無罪を主張。18年11月に始まった裁判は数カ月間続く見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2234文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

國枝すみれ

1991年入社。英字新聞毎日デイリーニューズ編集部、西部本社福岡総局で警察担当記者、ロサンゼルス支局、メキシコ支局を経て、2016年4月からニューヨーク特派員。05年、長崎への原爆投下後に現地入りした米国人記者が書いたルポを60年ぶりに発見して報道し、ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  4. 「年越しそば、おいしそうに食べろ」 壮絶な虐待の詳細明らかに 野田・女児虐待死

  5. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです