メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

琉球弧から世界へ発信~やんばるアートフェス(下)

校舎にあるキジムナー(沖縄ではみんな知っている子どもの妖怪)。校庭に向かう足跡が残されている=2018年12月、油井雅和撮影

 「チャンプルー文化」という言葉をご存じだろうか。豆腐や野菜などを混ぜて炒める沖縄の料理「チャンプルー」から来た言葉で、さまざまな文化を受け入れ新たなものを生み出す沖縄特有の文化のことだ。

 沖縄の戦後芸能を支えたエンターテイナーで、テルリンの愛称で親しまれた照屋林助さん(1929~2005年)は、これを「チャンプラリズム」と呼んだ。「あれもいい、これもいい、すべていい」という精神は、広く受け継がれている。当たり前のことだが、米軍基地に反対する人でも、アメリカの文化や食べ物は大好きだ。

 「やんばるアートフェスティバル2018-2019」(今月20日まで)の総合ディレクター、仲程長治(…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1013文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 住まいの貧困に取り組む元厚労事務次官の村木厚子さん 拘置所体験から見えた「根っこ」とは

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです