メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

マクドナルドのマスコットが十字架に、イスラエルで批判され撤去へ

[PR]

 1月17日、イスラエルの美術館に展示されている、米ファストフードチェーンのマクドナルドのマスコット「ドナルド」が十字架にかけられた像に批判が殺到し、当局が展示中止を発表した。15日、ハイファ美術館で撮影(2019年 ロイター/Ammar Awad)

 [ハイファ(イスラエル) 17日 ロイター] - イスラエルの美術館に展示されている、米ファストフードチェーンのマクドナルドのマスコット「ドナルド」が十字架にかけられた像に批判が殺到し、当局が展示中止を発表した。

     同国のハイファ美術館で公開されたドナルド像は等身大で、キリストが十字架にはりつけにされた姿を模している。昨年、フィンランドの美術館から貸し出されたという。

     この「マックジーザス」像に抗議する動きが広がり、前週11日にはデモ隊と警察が衝突。1人が逮捕され、美術館に発火物を投げ込んだ疑いで2人が捜索されている。この際、数十人が制止を振り切って館内に突入しようとし、警官3人が負傷。同館は入り口のガラスが割られるなどの被害を受けた。

     デモに参加したハイファ市民は「恥ずべき像だ」と話し、「キリスト教徒として、わたしたちの象徴の描写に対する重大な冒とくと受け取った」と怒りをあらわにした。

     ハイファ市長は17日、宗教指導者らと協議した結果、像を早急に撤去すると発表。「キリスト教コミュニティーの怒りや、これを巡る暴動、負傷者について遺憾に思う」と述べた。撤去の具体的な日時は明らかにしていないが、もともと月内に返還することになっていた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

    2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

    3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

    4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

    5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです