メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

溝浮き彫り、北方領土問題 22日に日露首脳会談

 日本とロシアの外相による会談が14日、モスクワで開かれ、領土問題解決に向けた「平和条約」の締結(ていけつ)の交渉(こうしょう)が本格的に始まった。しかし、北方領土をめぐる歴史認識の問題でお互(たが)いの溝(みぞ)は鮮明(せんめい)になった。22日に控(ひか)える安倍晋三首相(あべしんぞうしゅしょう)とプーチン大統領によるロシアでの首脳会談で、両国の溝を埋(う)められるかが焦点(しょうてん)となる。果たして交渉の行方は--

    14日の外相会談、協議は平行線

     平和条約の交渉(こうしょう)は、厳しい幕開けとなった。14日の河野太郎(こうのたろう)外相とロシアのラブロフ外相の会談では、領土問題をめぐる交渉の進展はなく、お互(たが)いの立場を述べ合うにとどまったとみられる。

     会談での日本側の主張の詳細(しょうさい)は明らかにされていないが、日本はこれまで「北方領土は日本固有の領土で、ロシアが不法占拠(せんきょ)している」との立場をとってきた。一方、ロシア側は、北方領土が第二次世界大戦の結果、合法的にロシア領になったと認めるよう要求している。ラブロフ外相は会談後に開いた記者会見で「我々(われわれ)の間には大きな不一致(ふいっち)があることは隠(かく)せない」と指摘(してき)。さらに、日本側が使う「北方領土」という名称(めいしょう)も「受け入れられない」と突(つ)き放(はな)し、協議は平行線をたどった。

     日本は、6月に予定されるプーチン大統領の訪日時に、歯舞群島(はぼまいぐんとう)と色丹島(しこたんとう)の返還(へんかん)に加え、国後(くなしり)、択捉(えとろふ)両島での共同経済活動などを組み合わせた「2島返還プラスアルファ」で大筋合意することを目指している。安倍首相は「戦後外交の総決算」を掲(かか)げていて、日本とロシアとの平和条約を政治的遺産(レガシー)にしたい考え。外相会談は物別れに終わったものの、22日の首脳会談では、どれだけ交渉を進展させられるかが注目される。

    「2島」返還に方針転換

     第二次世界大戦後、日本とソ連(現在のロシア)は1956年に日ソ共同宣言で国交を回復した。

     日ソ共同宣言の中では、平和条約を結ぶために交渉を続け、条約を締結(ていけつ)した後に歯舞群島(はぼまいぐんとう)と色丹島(しこたんとう)を引(ひ)き渡(わた)すことを約束した。しかし、米国とソ連を中心とする東西冷戦が激しくなり、ソ連は60年の日米安保条約改定に反発。米国の同盟国である日本に対し、ソ連は「領土問題は存在しない」との強硬姿勢(きょうこうしせい)を取ってきた。ソ連崩壊(れんほうかい)後、93年の東京宣言で両国は国後島、択捉島を含(ふく)む4島の帰属を領土問題と位置づけた。日本は「4島返還(へんかん)」を原則として要求してきたが、交渉はなかなか進まなかった。

     停滞(ていたい)していた交渉が動いたのは、昨年11月の安倍首相とプーチン大統領の会談だ。日ソ共同宣言を基礎(きそ)に、北方領土について交渉を進め、平和条約の締結を目指すことで合意。平和条約の締結後に歯舞と色丹両島を引き渡すとなっていることから、日本政府は、まずは歯舞と色丹両島の返還に道筋をつけたい考えだ。しかし、プーチン大統領は、2島の引(ひ)き渡(わた)しを認めても主権がどちらに属するかは明確ではないと主張。さらに、米軍の基地が置かれることを心配し、文書での保証を求めており、今後の交渉も難航しそうだ。


     ■KEY WORDS

     【北方領土(ほっぽうりょうど)】

     北海道の北東に位置する択捉島(えとろふとう)、国後島(くなしりとう)、色丹島(しこたんとう)、歯舞群島(はぼまいぐんとう)の4島のこと。第二次世界大戦前は約1万7000人の日本人が住んでいた。1855年の日露通好条約で初めてロシアとの国境が択捉島とウルップ島との間に定められて以来、他国の領土になったことは一度もない。旧ソ連軍は日本のポツダム宣言受諾(じゅだく)の2週間後に侵攻(しんこう)。その後、島在住の日本人を強制退去させた。現在までロシアが実効支配し、約1万7000人のロシア人が暮らしている。

     日本政府は、ロシアの主権を認めることにつながるため、ロシアのビザを取得して渡航しないよう呼びかけている。

     【日(にっ)ソ共同(きょうどう)宣言(せんげん)】

     第二次世界大戦後、日本が米国など48カ国と結んだ1951年9月のサンフランシスコ講和条約にソ連は参加せず、戦争状態が継続(けいぞく)した。日ソ間は56年10月に調印された共同宣言で戦争状態が終結した。宣言は、国交回復▽平和条約交渉(こうしょう)継続と条約締結(ていけつ)後の歯舞、色丹2島の引(ひ)き渡(わた)し▽抑留(よくりゅう)日本人全ての送還(そうかん)▽漁業協定の発効--などで合意した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
    2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
    3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
    4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
    5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです