メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

532 リュウグウの地形に名前

最大クレーターは「ウラシマ」

 日本の小惑星(しょうわくせい)探査機「はやぶさ2」チームが、小惑星リュウグウの表面いっぱいに浦島太郎(うらしまたろう)の話を描(えが)きました。表面の代表的な地形に、浦島(うらしま)伝説に登場する主人公を中心として、いろいろな名前を付けたのです。すでに国際天文学連合に申請(しんせい)していたのが、公式に認められたというわけ。

 チームがすでに「アリスの不思議の国」とか「オトヒメ」などの愛称(あいしょう)で呼んでいた地域や岩塊…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1428文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  4. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです