メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 小さな命への償い

 棚に並ぶ小さな骨つぼ。東京電力福島第1原発事故による避難で飼い主と引き離されるなどして死んだ犬や猫25体が、福島県浪江町の赤間徹さん(56)宅に安置されている。「早く飼い主が見つかり、安らかに埋葬されてほしい」

 赤間さんは元原発作業員。高校卒業後、地元の建設会社に就職し、福島原発で保守点検や溶接などに従事した。「生活を支えてくれる原発で働くことは自然な流れ」だったが、その暮らしを一変させる事故が起きた…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです