メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビア

左翼、首都で爆弾テロ 21人死亡

 【サンパウロ山本太一】南米コロンビアの首都ボゴタの警察学校で17日、爆弾テロがあり、コロンビア当局は18日、国内最大の左翼ゲリラ「民族解放軍」(ELN)の犯行と断定した。実行役の男を含め学校の生徒ら計21人が死亡し、68人がけがをした。

 地元メディアによると、男は車で学校入り口の検問を振り切って侵入し、車に積んで…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです