メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビア

左翼、首都で爆弾テロ 21人死亡

 【サンパウロ山本太一】南米コロンビアの首都ボゴタの警察学校で17日、爆弾テロがあり、コロンビア当局は18日、国内最大の左翼ゲリラ「民族解放軍」(ELN)の犯行と断定した。実行役の男を含め学校の生徒ら計21人が死亡し、68人がけがをした。

 地元メディアによると、男は車で学校入り口の検問を振り切って侵入し、車に積んで…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです