メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

NHK大河ドラマ「いだてん」 視聴率“一神教”にさよならを=碓井広義

 第1話15・5%、第2話12・0%。NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」の視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だ。さっそく新聞や雑誌、そしてネットでも「低視聴率」が話題となっている。しかし、これは今回の企画が決まった時から予想できたことで、いわば想定内である。

 まず、昨年の「西郷どん」もそうだったが、多くの日本人が好む大河ドラマの舞台は戦国時代と幕末・明治維新の時代だ。その意味で、今年の「いだてん」は明らかに異色作と言える。何しろ「時代劇」ではないどころか、「近現代劇」なのだから。

 次に、主人公もまた誰もが知る「歴史上の人物」ではない。日本人として初めてオリンピックに参加したマラ…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1055文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです