メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

NHK大河ドラマ「いだてん」 視聴率“一神教”にさよならを=碓井広義

 第1話15・5%、第2話12・0%。NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」の視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だ。さっそく新聞や雑誌、そしてネットでも「低視聴率」が話題となっている。しかし、これは今回の企画が決まった時から予想できたことで、いわば想定内である。

 まず、昨年の「西郷どん」もそうだったが、多くの日本人が好む大河ドラマの舞台は戦国時代と幕末・明治維新の時代だ。その意味で、今年の「いだてん」は明らかに異色作と言える。何しろ「時代劇」ではないどころか、「近現代劇」なのだから。

 次に、主人公もまた誰もが知る「歴史上の人物」ではない。日本人として初めてオリンピックに参加したマラ…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1055文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです