メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

岩手・大槌町旧庁舎、解体始まる

解体が始まった岩手県大槌町の旧役場庁舎=2019年1月19日午前9時38分、渡部直樹撮影

 岩手県大槌町の旧役場庁舎の本格的な解体工事が19日から始まった。東日本大震災の津波で当時の町長や多くの職員が犠牲になった建物で、工事差し止めを求める住民訴訟の訴えが2日前に退けられたばかり。18日に着工予定だったが、強風で延期されていた。

 19日は朝から重機がゆっくりと2階建て旧庁舎西側の壁や屋上…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです