メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

センター試験 難関私大、敬遠の動き AI効果、情報系人気

大学入試センター試験の会場に入る受験生=東京都文京区の東京大学で2019年1月19日午前8時3分、竹内紀臣撮影

 大学入試センター試験が19日午前、全国各地で一斉に始まり、本格的な受験シーズンが幕を開けた。ここ数年続いていた「文高理低」は私立大で落ち着く一方、人工知能(AI)活用への関心の高まりを受け、情報系学部の人気が高くなっている。また、定員管理が厳格になったことで難関私立大を敬遠する動きがあり、中堅私大の志望者が増えている。【伊澤拓也】

 大手予備校・河合塾が昨年10月に実施した全国模試では、国立大は学部系統別で「社会・国際」と「法・政…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1373文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです