メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

センター試験 難関私大、敬遠の動き AI効果、情報系人気

大学入試センター試験の会場に入る受験生=東京都文京区の東京大学で2019年1月19日午前8時3分、竹内紀臣撮影

 大学入試センター試験が19日午前、全国各地で一斉に始まり、本格的な受験シーズンが幕を開けた。ここ数年続いていた「文高理低」は私立大で落ち着く一方、人工知能(AI)活用への関心の高まりを受け、情報系学部の人気が高くなっている。また、定員管理が厳格になったことで難関私立大を敬遠する動きがあり、中堅私大の志望者が増えている。【伊澤拓也】

 大手予備校・河合塾が昨年10月に実施した全国模試では、国立大は学部系統別で「社会・国際」と「法・政治」が前年と比べ1~2%増加。緩やかな文高理低が継続していたが、私立大は「文・人文」「経済・経営・商」が3~6%減少した。

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです