メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

春を目指し、57万人挑戦 センター試験始まる

大学入試センター試験の会場で開始を待つ受験生=大阪府豊中市の大阪大豊中キャンパスで2019年1月19日午前9時11 分、平川義之撮影

 大学入試センター試験が19日、全国693会場で始まった。2日間の日程で、19日は地理歴史・公民、国語、外国語、20日は理科と数学の試験が行われる。

 大学入試センターによると、志願者数は前年比1・0%減の57万6830人。高校などを今春卒業予定の現役生は46万4950人(80・6%)、浪人生は10万6682人(18・5%)となった。高校などの卒業予定者のうちセンター試験を受験する割合を示す現役志願率は44・0%で、前年比0・6ポイント減だったもののセンター試験が始まった1990年以降で2番目に高い水準だった。

 センター試験を利用するのは大学703校、短大149校の計852校で過去最多となった。私立大の選抜方…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文798文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです