メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成点描

神奈川/6止(その1) 横浜、増える「外国につながる」児童 試行錯誤の教育現場 /神奈川

一人一人と向き合い懇々と一から

 「国語の国際教室を始めます」。横浜市立南吉田小学校(横浜市南区)の教室に、子どもたちの声が響いた。

 窓と黒板、それぞれに向かって並べられた机で、6年生が伝統芸能の狂言を学び、黒板側では3年生が童話の冊子を作っている。間には教室を仕切るように模造紙がつり下げられ、日本語の単語や意味、使用例が書かれていた。

 ここは国際教室と呼ばれる授業が行われる場所で、日本語の指導が必要とされる子どもたちを集め、一般のクラスよりも日本語に重点を置いた授業がなされている。

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文1958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです