メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成点描

神奈川/6止(その2止) 外国人受け入れ 制度や予算、国が保証を 神奈川大・横倉名誉教授 /神奈川

 神奈川大学の横倉節夫名誉教授に県内で暮らす外国人が増えた経緯や今後の課題などを聞いた。【聞き手、中村紬葵】

 神奈川県に外国人が多くなったのは、東京都西部から川崎市、横浜市を中心に発展した京浜工業地帯がきっかけだった。工場が置かれ、バブル期の人手不足によって雇われた外国人が周辺に多く住んだ。労働者が集まる場所は周辺に飲食店が並び、栄えていく。

 外国人の総数が増えるとともに中国人も増えている。1978年からの改革開放政策により職を求めて国外に出た中国人と、労働力不足だった当時の日本。送り出す側と受け入れる側の事情がかみ合った。そして日本に住み始めた人を頼って、親族や同郷の人が来日してますます増えた。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです