連載

やまなし未来想像図

毎日新聞デジタルの「やまなし未来想像図」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

やまなし未来想像図

’19甲府市長選を前に 中心市街地 甲府商店街連盟・長坂善雄会長(74) /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

人の流れ集める工夫を

 「山梨の顔」である甲府市の中心市街地は平成に入って人通りが減り、この30年で衰退した。それでも近年は、飲食店が戻りつつあるといい、甲府商店街連盟の長坂善雄会長(74)は「人の流れを集める工夫をすれば、にぎわいは取り戻せる」と行政の後押しを期待する。

 --平成の30年間で、中心市街地はどう変化しましたか。

 ◆1998年以降、甲府西武やトポス甲府店が撤退し、空き店舗がぐんと増えました。郊外に大型店やショッピングモールも整備され、人の流れが外に向きました。

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1120文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集