メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまなし未来想像図

’19甲府市長選を前に 中心市街地 甲府商店街連盟・長坂善雄会長(74) /山梨

人の流れ集める工夫を

 「山梨の顔」である甲府市の中心市街地は平成に入って人通りが減り、この30年で衰退した。それでも近年は、飲食店が戻りつつあるといい、甲府商店街連盟の長坂善雄会長(74)は「人の流れを集める工夫をすれば、にぎわいは取り戻せる」と行政の後押しを期待する。

 --平成の30年間で、中心市街地はどう変化しましたか。

 ◆1998年以降、甲府西武やトポス甲府店が撤退し、空き店舗がぐんと増えました。郊外に大型店やショッ…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです