メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇野浩二

地元との関わり、作品に学ぶ 大和高田で26日に講座 /奈良

 大和高田にゆかりのあった小説家、宇野浩二(1891~1961年)を知ってもらおうと、同市西町の市立図書館で26日午前10時半から、「文豪 宇野浩二」をテーマにした図書館教養講座が開かれる。元市教委事務局長の鎌田彰さんが、宇野と大和高田の関わりや作品に出てくる風景などを紹介する。

 宇野は福岡市生まれ。母親は1899年から十数年間、旧天満村(現…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 北海道、22日だけで9人の感染確認 病院で接触した看護師も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです