メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇野浩二

地元との関わり、作品に学ぶ 大和高田で26日に講座 /奈良

 大和高田にゆかりのあった小説家、宇野浩二(1891~1961年)を知ってもらおうと、同市西町の市立図書館で26日午前10時半から、「文豪 宇野浩二」をテーマにした図書館教養講座が開かれる。元市教委事務局長の鎌田彰さんが、宇野と大和高田の関わりや作品に出てくる風景などを紹介する。

 宇野は福岡市生まれ。母親は1899年から十数年間、旧天満村(現…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです