メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発と暮らし

島根2・3号機のいま/5 火力は「時代に逆行」 市民電力、太陽光に選択肢 /鳥取

太陽光発電の施設を点検する「とっとり」代表の手塚智子さん=鳥取市覚寺で、横井信洋撮影

 島根県浜田市三隅町岡見で、中国電力三隅火力発電所2号機(出力100万キロワット)の建設工事が2022年の運転開始を目指して進められている。11年にあった東京電力の福島第1原発事故後、島根原発(松江市)の2号機再稼働、3号機新規稼働が見通せない中で、長く凍結されていた石炭火力の増設計画が再び動き出した。

 島根3号機の新規制基準審査の申請を前に中国電が昨夏、山陰両県で主催した住民説明会では「なぜ二酸化炭…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1103文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです