メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江戸上屋敷

日常鮮明に 宇和島藩士筆、絵巻でよみがえる 鹿児島大教授、子孫らに調査重ね /愛媛

宇和島藩士が幕末に江戸上屋敷を描いた絵巻と分かった「琉球人往来筋賑之図」の一部。平面図の「辻番」の場所に藩士2人の姿。右の瓦塀の内側、平面図の「消防小屋」の位置には天水おけを屋根に乗せた建物が描かれた=鹿児島大付属図書館蔵

 伊達家の家紋「竪三引両紋(たてみつびきりょうもん)」入りの行灯(あんどん)を掲げた辻番所には2人の藩士の姿。169年前の宇和島藩江戸上屋敷を生き生きと伝える絵巻を、当時の宇和島藩士が描いていたことが、丹羽謙治・鹿児島大教授(日本近世文学)の最近の研究で分かった。絵巻は鹿児島大にあり、1点だけ現存する屋敷の絵図(平面図)と照合すると、上屋敷の機能や日常がくっきりと浮かび上がってくる。【松倉展人】

 昨年11月に刊行された「伊予史談会創立105周年記念 伊予の古地図」(伊予史談会刊)の中で、井上淳…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1149文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです