メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公開授業

対話取り入れ協調学習 子供同士で理解深める 飯塚・鯰田小 /福岡

 対話を取り入れ子供たちの主体的で深い学びを目指す公開授業が18日、飯塚市鯰田の市立鯰田小(森山志織校長)であった。昨年7月の九州北部豪雨を受け、5年生が気象や災害について資料を読み解いて議論し、自然災害への危機意識を高める試み。県内外から訪れた約80人が学習の様子を参観した。【平山千里】

 繰り広げられたのは、同市教委が東大の高大接続研究開発センター高大連携推進部門(旧・大学発教育支援コンソーシアム推進機構)と連携して取り組む「知識構成型ジグソー法」による協調学習。課…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです