メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正調査 追加給付、費用795億円 予算案修正、閣議決定

 政府は18日、厚生労働省の毎月勤労統計の不正調査問題を受け、2019年度予算案の一般会計総額を修正し閣議決定をやり直した。雇用保険の追加給付などにかかる費用の国庫負担分で6億5000万円を追加計上し、一般会計総額は101兆4571億円に増えた。財源は、国の借金である新規国債発行で賄うため、新規国債発行額も32兆6605億円に増える。19年度予算案は昨年12月に一度閣議決定しており、政府のミスが原因で閣議決定し直す異例の事態となった。

 麻生太郎財務相は18日の閣議後会見で、「極めて遺憾なことだ」と厚労省の不手際を批判した。当初予算案…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文670文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです