メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電力使用データ

活用検討 出店、民泊、カーシェア…政府期待

データ活用のイメージ

 政府は、大手電力会社が持つ家庭や企業など送配電先の電力使用データを一般開放する検討に入った。顧客データを特定できないよう匿名性を高めた上で第三者機関に集約、使用料を払えば利用できるようにする考えだ。地域・時間ごとの利用状況や在宅傾向などが分かるため、例えば効率的な出店計画やシェアビジネスなど幅広い事業への活用が期待される。

 電力使用というビッグデータの活用を検討するのは経済産業省で、2月にも具体的な制度設計に入る。情報量…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 交通事故 ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです