メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

米VS中露、スターウォーズ センサー付き衛星、数百基/宇宙に兵器配備も検討

米国が想定するミサイル防衛のイメージ

 「スターウォーズ計画」と呼ばれた米国のレーガン政権の戦略防衛構想(SDI)から36年。トランプ大統領は17日、「ミサイル防衛見直し(MDR)」を発表し、「宇宙は新たな戦場だ」と強調した。宇宙空間での監視網充実や攻撃兵器配備がミサイル防衛(MD)強化につながるとも主張。トランプ版「スターウォーズ計画」は結実するのか。【ワシントン会川晴之】

この記事は有料記事です。

残り2079文字(全文2249文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです