メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

梅原猛さんの「反主流」=青野由利

 <do-ki>

 「梅原猛、恐るべし」。私がそう思ったのは著書「隠された十字架-法隆寺論」を読んだ時のことだ。

 いつのことだったか記憶は定かでない。だが、「現在の法隆寺は聖徳太子の怨霊(おんりょう)鎮魂のために建てられた」という大胆不敵な説と、それを補強する数々の「証拠」の積み上げに、一気に引き込まれたことを覚えている。

 梅原さんは後に著書「聖徳太子」で、「多少ひとりよがりな想像に酔っていた点があった」と反省の弁を述べ…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1009文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです