メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

平成の代替わり=保阪正康

【上】(左から)孝明天皇、明治天皇、大正天皇、昭和天皇【下】新年一般参賀に臨まれる天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻=皇居で2019年1月2日、武市公孝撮影

 平成はあと3カ月余である。いわば代替わりである。近代以後の日本でこのように代替わりを落ち着きの中で迎えるのは、むろん初めてのことである。これまでは先帝の崩御、そして皇位継承者の即位という形であったから、心理的な痛みを伴いながら新天皇を祝うといった屈折した構図があった。メディアの報道も複雑な彩りであった。

 しかし今回は新しい天皇の即位を気持ちのすっきりとした形で祝えるので、先帝への「ご苦労様でした」といった感情もそのまま表すことができる。当然ながら、元号の変化に伴う社会の空気もこれまでとは異なって落ち着いた空気になるであろう。このことは天皇のあり方を改めて考えるきっかけになると思われる。

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文2063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです