メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

児童相談所はどうなっているのか=論説委員・野沢和弘

 「まるで大学のサークルか部活の部屋のような雰囲気だった」。ある県の幹部職員が児童相談所を訪れたところ、若い職員ばかりでびっくりしたという。

 2017年度の虐待件数は13万件を超える。ここ数年は特に急カーブで増加しており、政府は22年度までに職員数を現在の1・6倍にまで大増員する方針を打ち出した。

 ただ、経験の浅い若手職員を集めて数合わせをしても、それで現場が機能するとは思えない。

 児童相談所は虐待通報があると48時間以内に子どもの安全を確認することが求められる。身体的虐待やネグ…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです