メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収
プリズム

児童相談所はどうなっているのか=論説委員・野沢和弘

 「まるで大学のサークルか部活の部屋のような雰囲気だった」。ある県の幹部職員が児童相談所を訪れたところ、若い職員ばかりでびっくりしたという。

 2017年度の虐待件数は13万件を超える。ここ数年は特に急カーブで増加しており、政府は22年度までに職員数を現在の1・6倍にまで大増員する方針を打ち出した。

 ただ、経験の浅い若手職員を集めて数合わせをしても、それで現場が機能するとは思えない。

 児童相談所は虐待通報があると48時間以内に子どもの安全を確認することが求められる。身体的虐待やネグレクトで子どもの生命に危機が迫っていることを想定して、07年から導入された。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです