メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小早川・東電社長

原発事業、再編求める メーカー・電力枠超え

 東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は18日、原発再稼働の停滞や安全対策費の膨張などで苦境が深まる原子力事業について、国内の大手電力会社や原子炉メーカーを巻き込んだ統合・再編を行うことで合理化を図るべきだとの考えを示した。電気事業連合会で開いた記者会見での発言。電力会社トップが原子炉メーカーも含めた原子力事業の統合・再編に言及するのは異例で、波紋を広げそうだ。

 小早川社長は「原子力事業は、事業を営む電気事業者と、(原発の)建設・保守をするメーカーとに二極分化しているが、水平的かつ垂直的に統合した方が合理的」と指摘。統合の利点について「(政府内で)原発の新増設・建て替え(リプレース)が議論されていない状況を考えると、競争を通じて価格が下がるというより、(電気事業者とメーカーが)一体となって内製化することでコストダウンや品質改善を図るのが近道だ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです