メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハゲタカ学会

多忙、使い勝手良く 異分野、一室で発表 専門外でも座長

 参加費収入が目的の「ハゲタカ学会」と疑いながら、パリなどで開かれた学会に参加した大学講師の50代男性が毎日新聞の取材に応じた。応募するとすぐ参加が認められ、研究分野の異なる研究者約30人がホテルの一室でそれぞれ研究発表したという。講師は「研究以外の業務が多く、こうした学会でしか発表機会を確保できなかった」と釈明した。【鳥井真平】

 講師は関東の私立大に勤務し、工学系が専門。トルコに拠点を置くとされる出版社が主催した国際学会に2回…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1092文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです