メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校普通科

区分け案 国際・地域人材、養成柔軟に 教育再生会議

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫前早稲田大総長)は18日、高校生の7割が在籍する普通科について、生徒の多様な能力や興味・関心に柔軟に対応できるよう、教育内容の細分化を検討するとの中間報告を了承した。国際化への対応や地域人材の養成といった分類を想定。ただ、実現には検討課題も多く、今後内容を詰め、第11次となる5月の提言に盛り込みたい考え。

 文部科学省によると普通科は生徒の学力や希望する進路などが多様化しており、画一的なカリキュラムの在り…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文510文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫さん「謝罪会見開く」 20日午後、田村亮さんも同席
  2. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 宮迫さん会見「詐欺の被害者の方々におわび。すべての責任は僕に」
  5. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです